© Michiko Chiyoda

染花のアーティスト秦碧さんの作品集「慈しみの染花」出版記念展のお知らせ(写真展示 千代田路子)

April 8, 2018

ご縁があって染花のアーティスト・秦碧(はたみどり)さんの作品(染花、器)を撮影しました。その写真で構成された秦さんの作品集「慈しみの染花」が出版され、出版記念の作品展が開催されます。日程などは下記のとおりです。

 

 

■秦碧の「慈しみの染花」出版記念展  *写真展示 千代田路子

 

■日時 : 4月25日(水)~29日(日)

■在廊日 : 秦さん 全日/ 千代田 25日、27日 16:00~19:00 (秦さんは18:00まで)28日、29日 11:00~18:00 

■場所 : ストライプハウスギャラリー 港区六本木5−10−33−3F

      ギャラリー地図 http://striped-house.com/map1.html

      ギャラリートップ http://striped-house.com/index.html

 

 

■秦碧さんからのメッセージ(一部抜粋)

 

東京から郷里広島に移転し6年

改めて被爆地広島の一市民であることに気付かされ

さらに突然の病と向き合う日々の中で

命の尊さ平和の祈りを込めた作品集が誕生しました

撮影地は世界平和記念聖堂

このたび、染花、器、墨文字、そして写真を展示して

皆様のご来場をお待ちしております

 

 

■碧さんとの出会いと経緯について

 

碧さんと出会ったのは、武蔵美時代の同級生だった弟さんの故秦圭祐さんを通じてです。

圭祐さんがお亡くなりなった後に彼を偲んで遺品を撮影させてもらい、その写真を碧さんに贈呈したことから交流が始まりました。

今回は、碧さんがこれまでの作品をまとめた本を出版されたいということから出発していますが、教会への撮影依頼をはじめとして本の企画・制作全般、作品展の企画など碧さんが精力的に活動され実現しています。

撮影場所は世界平和記念聖堂。大変歴史あるカトリック教会で、1945年の原爆で全壊後、当時のフーゴ・ラッサール司祭が自ら被爆しながらも、世界平和を祈念し、世界各地からの共感とサポートを得て、1954年に新たに建設された教会です。

重要文化財にも指定されている教会の中で「祈りを捧げる」をテーマに共同で撮影を進めましたが、それは大変心に残る体験となりました。

 

撮影した写真を中心に構成された碧さんの本、そして染花、器、墨文字、写真と多くの方に見ていただければと思っております。

皆様、どうぞご来場ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Posts

November 9, 2019

April 29, 2019

January 3, 2019

Please reload